赤ちゃんの目はデリケート!軽く考えるのはNGです。

赤ちゃんの目やに、どうやって取っていますか?
まさか、手でピッと適当に取ってはいませんよね?
赤ちゃんの体はとても繊細ですが、特に目はデリケートな器官。
ましてや目やにが出ているということは、目の状態が弱っている証拠。
それを手で取るというのは、絶対に避けなければいけません。

面倒でも、赤ちゃんの目やにを取る場合は清潔なガーゼを用意し、それを少し濡らして、上まぶたと下まぶたを広げるようにして、目頭→目尻に向けて拭いてください。
気をつけなければいけないのは、一度目やにを取った箇所は二度と同じ場所を使わないことです。
目やにには細菌がついている場合があります。それが目に入ったら一大事。
もったいないけれど、できれば一度使ったガーゼは処分してしまってください。

赤ちゃんの目やにが出ているのであれば備えたいアイテム

でも、お医者さんの中には、赤ちゃんの目やにを取るのにはガーゼでは不十分である、と言う人もいます。
新品であっても普通のガーゼでは清潔とは言い切れないらしいのです。
そんなお医者さんでも大丈夫と太鼓判を押すのが「清浄綿」というもの。
これはガーゼに比べて値段も高いですし入手も面倒ですが、赤ちゃんがよく目やにをためているようでしたら、ぜひ常備しておいてください。
赤ちゃんの目に直接触れるものだから、細心のの注意を払って、清潔な状態を保つようにしてくださいね。

ページのトップへ戻る