小児科は万能と思いがちですが・・・

目やにに限らず、赤ちゃんの体の不調があった時には、まず小児科へ・・・というのが一般的でしょう。
お医者さんは赤ちゃんが生まれた時からお世話してくださっていて顔見知りだし、これまでの体調の経歴も全部知っているし。
とりあえずかかりつけの小児科医に連れて行けば安心。と思っているかもしれません。
これは、殆どの場合は間違いではありません。
多くの小児科医の先生は赤ちゃんや小さな子供がかかりやすい病気について熟知していますし、小さな子どもの病気は複合的な要素が関連している場合も多いので、小児科に診てもらうのが原則でしょう。

ただし、目の病気の場合は、必ずしもその原則が当てはまらない場合があります。
特に、赤ちゃんの目やにの場合、単なる風邪なのか、思いウイルス性の病気なのか、判断がとても難しいのです。
まず最初に診てもらうのはいつもの小児科の先生でいいと思いますが、先生の診察の結果に従って治療をしてみても状況が好転しない場合は、セカンドオピニオンを求めるのもひとつの手です。

赤ちゃんの目やにがひどい場合はこちらの病院へ

赤ちゃんの目やにが心配な時には、一番いいのは「小児眼科」に連れて行くことです。
小さな子供の目はとても弱くて繊細。その診察には細心の注意が必要なのです。
小児眼科はそうした子供の目のプロ。小児科の先生が見逃しているかもしれない目の病気を発見してくれる可能性もあります。
小児眼科を扱っている病院は多くはありませんが、最近ではインターネットなどでも検索できるので、もし赤ちゃんの目やにが心配ならば、多少遠くても行ってみる価値が有るかもしれません。

また、小児眼科には連れて行けない場合は、大人用の眼科でもかまいません。できれば名医のいると言われる病院に行きましょう。
しっかりした病院であれば、赤ちゃんが相手でもきちんと診察してくれます。
もし、小児科で「様子を見ましょう」と言われたけど不安・・・などという場合は、選択肢として考えてみてください。

ページのトップへ戻る